読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にせねこメモ

はてなダイアリーがUTF-8じゃないので移ってきました。

サーバを立てる w/ CentOS 6

OSは CentOS 6.6 。マシンはHP ProLiant MicroServer N54L。
VNC経由でグラフィカルなインストーラでインストールした(テキストインストールは難易度高そう…)。構成は Basic Server としてインストール。


Vimの使い方を覚えないと…

やったこと

ユーザ作成

まずはユーザを作成した。

SSHの設定

次の様なページを参考にしつつ、とりあえず ssh でログインできる様に設定。

sshdの設定、公開鍵の設定、sshdの設定など。
ssh用のiptablesがデフォルトで設定されてるみたいで、iptablesに手を加えずともsshはつながった。ただし使うポートを変えた場合はiptablesも再設定する必要がある。

SELinux無効化

ほんとは設定覚えた方がいいんだけど……

Sambaの設定

Sambaをインストールする。

sudo yum -y install samba

smb.confを設定

iptablesにsmb用の設定を追加。

OpenVPN のインストール・設定

クライアントの鍵作るときにうまく行かなかった場合、作り直す前に消すファイルは

EPELリポジトリの追加

# yum install epel-release

Wineのインストール(EPELから)

# yum install wine

monoのインストール

はじめ公式サイトに次の様に書いてあったからそうしようと思ったのだけど、どうやらCentOS 7用らしい?

# rpm --import "http://keyserver.ubuntu.com/pks/lookup?op=get&search=0x3FA7E0328081BFF6A14DA29AA6A19B38D3D831EF"
# yum-config-manager --add-repo http://download.mono-project.com/repo/centos/

これでは dependency が満たせず(リポジトリのライブラリのバージョンが古い)うまく行かなかった。

なので次の様にした。(checkinstall使わなくても # make install で入る)

$ git clone git://github.com/mono/mono.git
$ cd mono
$ ./autogen.sh --prefix=/usr --libdir=/usr/lib64
$ make get-monolite-latest
$ make EXTERNAL_MCS="${PWD}/mcs/class/lib/monolite/gmcs.exe"
$ make
# checkinstall
# yum localinstall /root/rpmbuild/RPMS/x86_64/mono-4.0.3.10-1.x86_64.rpm

Wineでmonoをインストールする必要があるとのことで入れたけど、これではなくてWine環境に入れる必要があるらしい(wine-mono)。

なんだかWineにmonoをインストールしようとしたけどうまく行かず……後で検討する。
Wineをコンパイルしてインストールするには

VNC経由でデスクトップ環境を利用できるように